2018年6月28日 (木)

プロ仕様

 
 
毎年恒例の原チャリツーリングまで2週間と迫った今日この頃。
 
 
ほぼほぼ納得のいく形になって来た我がカブ50。
 
 
ただ1つだけ迷っていたのがスタンド。
 
 
俗にプロ仕様と言われる西本工業のパワースタンドってのがあるんです。
 
 
ラの通勤カブ90に付いてる
 
 
 
 
コレですね。
 
 
今50に付いてる純正スタンドとは安定感が段違い。
 
 
なので全塗した時からずっとプロ仕様にしようか考えてはいたのですが、5000円くらいするので悩んでいました。
 
 
いらないっちゃあ要らないし。
 
 
で、来月の原チャリツーリングは90のを付けて行こうかなぁなんて考えてた先週
 
 
 
 
ひろた。
 
 
 
 
90のと同じ西本製の2型。
 
 
やりぃ。
 
 
キツイ、汚い、危険の3K仕事であるスクラッパーで良かったなと少し思う瞬間。
 
 
しかしそうそう思い通りにはいかないのが世の常。
 
 
残念ながらスタンドを止めるアンカーボルト的な部品は拾えず。
 
 
 
 
こんなのですね↑。
 
 
これがないとスイングアームのアクスルだけでは固定不可能。
 
 
まあ最悪長いボルトナットで貫通させて固定は可能か。
 
 
けど見た目がイマイチなもんでアンカーボルトを自作することに。
 
 
暫し考えて思いついたのが
 
 
 
 
自転車のハンドル部分のコレ↑。
 
 
 
 
スイングアーム側のアンカーが入る穴は27Φ。
 
 
自転車のアレがちょっと小さいけどなんとかなりそう。
 
 
27Φのパイプだとギチギチなの25Φのパイプを探しだし
 
 
 
 
カットして作成。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレコレとワッシャでクリアランスを調整して
 
 
 
 
完成。
 
 
 
 
プロ仕様の見事な安定感。
 
 
てことで今週代休を取り、プロスタンドのテストも兼ねてジミヘンと
 
 
 
 
カブツーリング。
 
 
ピーカンの中ひたすら海岸線を走り
 
 
 
 
 
 
伊方町のしらすパークでしらす丼を食べ
 
 
 
 
しらすパーク近くの亀の池温泉で汗を流してさっぱりし
 
 
 
 
再び海岸線を走って帰還。
 
 
100㎞弱のプチツーリングでしたが楽しめました。
 
 
一年ぶりのカブツーだったジミヘンも、去年のしまなみツーリングより楽しかったらしく
 
 
 
 
慰労でもこの笑顔。
 
 
良かった良かった。
 
 
次は淡路島一周でもやりますか?
 
 
おっと、その前に来月の原チャリツーリングだ。
 
 
スタンドもプロ仕様になったしそろそろ旅仕様にして行こうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

復興

 
 
そう、あの惨事から早ひと月が経とうとしています。
 
 
その日の朝は松山のスライダーの職場に止めたハイエースの中で目覚めました。
 
 
前日スライダーと尾道までの平尾脱獄囚捜索ツーリングを終え、松山に戻って温泉に浸かったあと
 
 
 
 
慰労。
 
 
この時に〆で行ったのが
 
 
 
 
ミノの美味しい焼肉屋。
 
 
翌日の惨事を暗示していたのでしょうか。
 
 
一夜明けて惨事当日。
 
 
松山から帰りカブをいじったりゴソゴソして1日を過ごしていると、いつもの愉快な消防団員たちといつもの七輪で一杯をやることに。
 
 
その時が刻々と近づいているなど露知らず陽気に飲み始めます。
 
 
そしてマルチョウを網にのせ景気良く焼いている時に惨事はおとずれました。
 
 
ボンっ!
 
 
と言う音とともに目の前で一瞬で燃え上がるダクト。
 
 
その惨事を目にしたラは思わず
 
 
これがアレかー!
 
 
などと口走り、爆笑。
 
 
そう、少し前に名古屋や新宿の焼肉店で起こったあの惨事がまさかのラゼベースでも起こったのです。
 
 
しかし笑ってなどいる場合ではありません。
 
 
一瞬で燃え上がった炎は天井に広がり蛍光灯を包むほどの大きさに。
 
 
水ではとても消せる状態ではなく一刻の猶予もありません。。
 
 
しかしそこは四人全員消防団員。
 
 
カブ氏が素早い身のこなしでラゼベース常備の消火器を掴み火点に向け噴射準備完了。
 
 
やりますよっ!
 
 
しかしラゼベースオーナーのラは消火剤が撒かれたあとを考え
 
 
あ、いや、ちょっと…
 
 
と、躊躇。
 
 
が聞き入れられることなくカブ氏
 
 
ファイヤー!
 
 
あ、その単語はちょっと…。
 
 
ともあれ一瞬で鎮火。消火器恐るべし。
 
 
その時の惨状写真がコチラ↓↓↓。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なかなかの有り様でしょ。
 
 
しかし飲酒を続けたい消防団員四人。
 
 
ただちに復旧作業にあたり日々の訓練で培った消防魂で20分ほどで
 
 
 
 
飲酒再開。恐るべし、飲酒魂。
 
 
あはは、危なかったねー。これで出動かかってたら大目玉やったね。
 
 
自らで火を着け自らで消火する。まさにマッチポンプやね。
 
 
などと先刻の惨事を肴に宴は盛り上がったのでありました。
 
 
翌日からの消火剤の処理は思い出したくもありません。
 
 
もう二度とごめんです。
 
 
なのでこれからは早めのダクト交換を心掛けることにします。
 
 
まずは
 
 
 
 
ダクトを新しいフレキで作り直し
 
 
消火器も2本常備し、万が一に備え
 
 
 
 
非常口も分かりやすくしました。
 
 
そして今週
 
 
 
 
愉快な消防団員たちと復興を祝いました。
 
 
これからは二度と消火器を使わないですむよう飲酒…鍛練していく所存です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

平尾

 
 
 
 
やっと捕まりましたね。
 
 
実は平尾が逃亡真っ最中、向島潜伏生活満喫中の先月21日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スライダーと尾道の東珍康にラーメンを食べに行って来ました。
 
 
スライダーはしまなみツーリングはもちろん、通勤以外でカブに乗るのもはじめて。
 
 
カブの楽しさを知ってもらいたくて連れ出したのに平尾のせいで
 
 
 
 
検問渋滞。
 
 
ってほど渋滞はしてませんでした。
 
 
一時は尾道に渡るのに3時間とか聞いてたので酷かったら引き返そうと思ってましたが、20分くらいでしたね。
 
 
特にバイクはお巡りさんが手招きしてくれて側道をすり抜けさせてくれ、検問もヘルメットのシールドを上げての顔面チェックでオッケー。
 
 
そんなんで良いのか?とも思いましたが、確かに向島内では捜索中のお巡りさんを結構見かけました。
 
 
 
 
我らも微力ながら平尾を捜して山道を捜索しましたが発見には至りませんでした。
 
 
 
 
初のカブツーをスライダーは楽しんでるのか心配しましたが
 
 
 
 
どうやら楽しんだみたいです。
 
 
また誰かが今治の塀のない刑務所を脱走したら捜しに行こうぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

切ってまうとこだった。

 
 
ツーリング日和な天気が続く今日この頃。
 
 
なにかとバタバタしていてツーリングには行けてないので、最近は雨じゃなければカブ90で通勤しております。
 
 
そんな昨日、年中カブ通勤をしている仕事の相方さんとカブ話をしていて
 
 
カブのギアチェンをどうしているか?
 
 
って話になりまして、ラはアップもダウンも爪先でシフトします。
 
 
相方さんはダウンは踵でする、と。
 
 
うーん。そう言えば大使もカブ氏もシフトダウンは踵でやるっていってたなぁ。
 
 
シフトペダルの作り的にもそれが正解な気もする。
 
 
でもラの足首の可動域ではどうやっても無理。
 
 
ふくらはぎの一部とアキレス腱を切らない限り踵シフトは出来ません。
 
 
切るか、アキレス。
 
 
いやいや待て。切る前にもっと考えろ。考えるんだマクガイバー。
 
 
原因究明の為2台のカブを見比べる。
 
 
 
 
奥が相方さんのカブで手前がラのカブ。
 
まず最初に思いつくのが、と言うかソコくらいしか考えられないのがペダルの取り付け角度。
 
 
 
 
相方さんのシフトペダル↑↑↑。
 
 
イメージ8時10分。
 
 
 
 
ラのシフトペダル↑↑↑。
 
 
イメージ9時15分。
 
 
完全にこれやん!謎は解けた。簡単に解けた。
 
 
危うくアキレス切ってまうとこだった。
 
 
てことでラのシフトペダルも
 
 
 
 
8時10分に。これで憧れの踵シフトが可能に。
 
 
どおれ。
 
 
…。
 
 
出来ん…。まったく出来ん…。ほぼ変わらん…。
 
 
なんでじゃ?
 
 
相方さんに両方に乗って試してもらうと普通にカチャカチャ踵シフトしています。
 
 
うーん。やはりラの足首の可動域が常人より狭いのだろうか。
 
 
切るか、アキレス。
 
 
覚悟を決めかけたとき相方さんが
 
 
俺カブ乗る時いつも長靴やけんね。
 
 
と。
 
 
長靴には踵があるからやりやすいんじゃない?
 
 
と。
 
 
なるほど!
 
 
確かに今も相方さんは編み上げの踵有り安全靴で、ラの安全靴はフラットソールのスニーカータイプ。
 
 
そうか!そーゆーことか!確かに踵分2センチほど足首の可動域に余裕が出来る計算です。
 
 
謎は解けた!相方さんが解いてくれた!
 
 
危うくアキレス切ってまうとこだった。
 
 
でもラは長靴でカブには乗らない。
 
 
考えろ、マクガイバー。
 
 
 
 
てことでペダルの踵部分に厚さ2センチほどのナットを溶接。
 
 
これで憧れの踵シフトが可能に。
 
 
どおれ。
 
 
…。
 
 
変わらん。たいして変わらん…。
 
 
切るか、アキ…
 
 
 
 
もいっこでどうだ!
 
 
これでダメならアキレスでもふくらはぎでも切ったらぁ。
 
 
 
 
ダセ…。でもこれで憧れの踵シフトが可能に。
 
 
どおれ。
 
 
おお!出来る!ラも踵シフトが出来る!
 
 
微妙にやりにくいのと左足の動きの見た目が気持ち悪いのをガマンすれば踵シフトが出来る。
 
 
出来ないことはない。
 
 
あとは慣れか。
 
 
と、嬉しいのか哀しいのかわからないままカブに跨がり帰路につく。
 
 
走り始めて100mで決意し、家に帰ってすぐにサンダーでアキレスではなく溶接したばかりのナットを切り飛ばしました。
 
 
いらん。
 
 
ナットもいらんし踵シフトもやらん。
 
 
そもそも踵シフトに憧れたことなどなかった気も。
 
 
 
 
ちょっと溶接痕は残りましたが元通りです。
 
 
爪先シフトで秋田までだって行けたし四国3周だってした。
 
 
何の不便も感じないんだしいいじゃない
 
 
ってことに落ち着きました。
 
 
ラはこれからも爪先でカチャカチャとシフトすることにします。
 
 
 
危うくアキレス切ってまうとこだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

スピードライン501

 
 
四国一周が終わってはや1ヶ月。
 
 
終えたっきり洗車だけして放置していたカブ50。
 
 
乗るにもまずは
 
 
 
 
このスタッドレスを換えなければ。
 
 
てことで90に履かせて気に入ったミシュランのM35を50にも入れるつもりでしたが、コンビニフックを探しててアウトスタンディングで見つけた
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨコハマのスピードライン501に変更。
 
 
おおー、カブにもこんなパターンのタイヤがあるのか。
 
 
チェンシンのC921ってのと迷いましたがヨコハマってことでこっちに。
 
 
今晩さっそく交換して
 
 
 
 
スタッドレスから
 
 
 
 
スピードラインに。
 
 
 
 
リアビューも良い感じ。
 
 
はやくテストライドしたいのに今晩は雨。
 
 
さらに明日も雨。
 
 
明後日もなんとなく雨。
 
 
レインテストをする気にはならないので、日曜あたりに乗れるといいな。
 
 
その時すぐ乗れるようにと、耐寒テストと四国一周で1000㎞弱走った
 
 
 
 
オイルも交換。
 
 
 
 
お、次回7000㎞で換えればちょうど1000㎞間隔がわかりやすいですね。
 
 
春の間に1000㎞くらいは走りたいな。
 
 
ツーリングシーズン到来です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«人生で最も慎重に